保険見直しを考える

「万が一の時に家族にお金を残したい」「病気や怪我に備えたい」そんな思いから生命保険や医療保険に加入している人もいるでしょう。
保険に加入している人の中には「保障は十分なのか」「もっと保険料が安くならないか」という疑問を抱く人も少なくありません。
そんなことも思いながらも「保険って難しい」と思いながら、そのままになってしまうことも少なくないのです。

生命保険にしても医療保険にしても、後々の保障のためのものですが必要以上に加入する必要はありません。
1世帯当たりの平均的な保険料の支払いは40万前後といわれていますが、この額が必ずしも自分にとって妥当とは限りません。
中には必要以上に高額な年金に加入してしまっている人もいます。
将来の保障も大切ですが、無駄なところは省いて日々の貯蓄に回すことも重要です。

ライフスタイルが変化しているのに保険見直しをしたことが無いという人の中には、特に不要な保険に加入しているケースがあります。
独身か既婚者か、子供がいるか、子供の年齢はいくつか、様々な条件で必要としてくる保障の内容が変化していきます。
万が一子供が小さい時に世帯主が死亡した場合、今後たくさんのお金が必要ですが、子供が独立している年齢ならばそこまでの保障は必要ありません。
そして親が亡くなった時には保険金以外に相続する遺産があり、伴侶を亡くした時には遺族年金などが関係してきます。
そのような保障だけでは足りない時に生命保険の保障が役に立ってきます。
必要のない保障に不要な保険金を支払っていないか、確認してみましょう。



~注目サイト~
必要のない保障に不要な保険金を支払っていないか保険の見直し相談ができます → → 保険 見直し相談